IT ニュース

Appleから「iPhone X」のデザインで「iPhone XS」など、3モデルが登場!

2017年に発売した「iPhone X」の後継モデルです。
見た目はほぼ「iPhone X」で、ほんの少しだけ重くなりました。

「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」

「iPhone X」と似た名称でなにがなんだかわからなくなりそうですが、比較画像を参照ください。うーん…やっぱり分かりづらい…。
今までの流れで名称に「S」がつくとサイズが小さくなるイメージですが、「PLUS」ではなく「MAX」ってついちゃってます。特に「iPhone XS Max」の外観は、8プラスの大きさに並んだということは画面はかなり大きくなっているはずです。

“「iPhone
“「iPhone

大画面になりバッテリー容量も防水性能も強化!

プレゼンでは「IP68」が大きく扱われていました。水深に耐えられる目安でしょうか。iPhone Xは水深1メートルで30分間耐えられる「IP67」だったのに対し、XS/XS Maxは水深2メートルで30分間耐えられる「IP68」とのこと。1メートル深く潜れます(落とせる)ということでしょう。

「iPhone XR」カラーバリエーションが豊富に

ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、プロダクトレッドとカラーバリエーションが増えてます。「iPhone XR」は普及機の特有のカラフルなものを出してきました。レッドやオレンジはなかなか手に入らないシリーズでしたから、これは流行りそうです。

“「iPhone

顔認証を前提とした「X」の新モデルは全てフロントカメラを強化!

パフォーマンスが最大15%向上されて、なにより消費電力も最大50%削減、グラフィックス性能は50%高速化です。
バッテリー容量はまだ公開されていませんが、30分〜1時間伸びた模様です。連続通話時間は20〜25時間、ビデオ再生は14〜16時間と増加されています。全てワイヤレス充電に対応。大きくてバッテリーが長時間もつ「iPhone XS Max」がメイン機種になりそうですね。

“「iPhone

大容量の512GBのストレージ…だけどお値段もそれなりに高額へ!

「iPhone XS」は15万2800円、「iPhone XS Max」は16万4800円…と、かなりの高額モデルになってしまっています。カラーバリエーションが豊富でiPhone8のスペックが向上した「X」として思えば、意外と「iPhone XR」の方が人気になりそうです。ちなみに「iPhone XR」のお値段は64GBモデルは8万4800円です。

“「iPhone

余談ですが、私はオレンジ色かレッドで選びたいから「iPhone XR」です。保護カバーをしてしまいますのであまりカラーに意味がないのですが。
“「iPhone

参照:APPLE
参照:ITmedia NEWS

関連記事

  1. Apple開発者会議WWDC 2017で発表された新製品について…
  2. 世界も驚愕!日本製のGPS衛星の精度が誤差センチ単位「みちびき」…
  3. 大切なものが紛失したり盗難にあっても探せる「紛失防止タグ」
  4. WordPress5.2 アップデート情報
  5. 脂肪を燃やせ!ダイエットバイクフィットネスが熱い!
  6. iPhoneXがやっと来た!ヤァ! ヤァ! ヤァ!
  7. キヤノン「EOS 5D Mark IV」の「Canon Log」…
  8. 2018年 とうとうF1に導入されるかも…保護デバイス「ハロ」

ピックアップ記事

  1. 電話番号変更のお知らせ
  2. サービスチケット通知アプリ 新元号[令和元年]表記に更新しました。
  3. ネットで見れる動画配信サービス戦国時代
  4. 仮想通貨を発掘するマイニングとマルウェアが流行中!?
  5. 緊急!あの人気のバルミューダからオーブンレンジが本日より予約開始です!

アップデート情報

WordPress5.2 アップデート情報

WordPress 5.2の新機能・改善点まとめ機能ほかセキュリティ強化が含まれています…

Googleからのラベル赤が発動!「保護されていない通信」は警告へ!

セキュリティ強化がついに本格的に始まりそうです。データ保護への風潮は前から噂になっていましたがと…

Appleから「iPhone X」のデザインで「iPhone XS」など、3モデルが登場!

2017年に発売した「iPhone X」の後継モデルです。見た目はほぼ「iPhone X」で、ほ…

「Apple新宿」OPEN!

2018年4月7日10:00に、新宿にアップルストアがオープンしました!久しぶりの直営店というこ…

2018年 とうとうF1に導入されるかも…保護デバイス「ハロ」

コックピットのドライバーを保護するための施策がまたひとつ登場するかもしれません。ドライバーの前面…

気になる情報

極真空手ラインスタンプ
PAGE TOP