CMS構築

ホームページの更新がとってもカンタンになります!

「好きな時にすぐ思いついた記事を更新したい!」「キレイな写真が撮れたから画像をアップしたい!」 そんな充実したホームページにするためにフォービットではご自身で更新ができるCMSを導入いたします。MovableType(MT/ムーバブルタイプ)やWord Pressなどの各種CMSを構築いたします。オーナー様ご自身でプレスリリースの情報やイベント情報、商品情報の更新などがブログ感覚で手軽に24時間自由に更新出来るようになります。

CMS構築

CMSを導入するメリットとは?

CMSを実装することで、どなたでもコンテンツの更新が可能になります。価値あるコンテンツを公開してホームページの評価を高めます。閲覧者が求める有益な情報を継続的に提供することは、Googleが推奨する「上質なホームページ」として認識されます。広告などのペイドメディアによる一時的な集客でなく、様々な検索で新たな検索流入を増やすことができます。また長期に渡ってユーザーと直接コミュニケーションを図ることで評価を高めることができます。更新が止まったホームページはユーザーも止まってしまいます。

情報を更新することは資産をたくわえること

ユーザーが求める有益な情報を継続的に提供して行くことで、情報資産として蓄積することができます。運用するコンテンツのボリュームが増加するれば、サイトのインデックス数が増えることになります。結果的にSEOにも高い効果が期待できます。またPDCAサイクルを回しながら運用することで効率良くリピート顧客を育てるメディアへと成長します。

現在ホームページをお持ちの方、そのままCMSの実装も可能です。

いまからニュースや日記を更新しやすくしたいけど…CMSの導入ってコストがかかるのでは? いえいえ実装はとってもカンタンです。ウェブサイトの見た目はそのままで見えない部分でCMSの導入と実装を行います。特別なソフトやアプリのインストールは不要です。普段通りネットを見てる感覚で更新ができるようになります。お使いの「ブラウザ」からアクセスして更新がサッとできるようになります。もちろん修正も削除も簡単に行えます。あらかじめ下書きとして記事を準備してそれぞれのアップロードする日時と時間を指定しておけば、更新する日を忘れてしまっても安心です。定期的な記事の更新も効率よく作成でき作業も捗ります。

CMS構築

導入例:株式会社AAAのホームページ

トップページに最新のニュース記事を更新します。画像も表示するニュース記事です。お使いのパソコンのウェブブラウザから管理ページにログインします。新規記事の作成して最新ニューズ記事と画像をアップロードします。入力が完了したら「更新」ボタンを押すだけ!。

CMS構築

公式ホームページ上に新しいニュース記事が表示されました。表示件数を増やすことも可能です。またニュースだけでなく社内のお知らせやコラム記事、メンテナンス情報などサービスにそったカテゴリー分けもでき、シンプルにまとまった更新が可能です。

オウンドメディア化でコスト削減。

たくさんの記事ページを構成できるCMSは継続的にマーケティングの施策も打てます。ソーシャルメディアとの連携も実現できる時代へと突入しております。既成メディアに依存する形ではなく、自ら「情報発信」できる利点があります。いままで一方通行で見えなかったユーザーとの相互関係を生むことができ独自のマーケティング施策を展開することが可能になります。試行錯誤してユーザーとの絆を深めていくことは大きな財産になります。CMSが導入されたホームページは情報を貯えて成長していきます。

CMS構築

フォービット厳選CMS

数あるCMSからフォービットがオススメするCMSはこちらです。大きく分けて「商用」と「オープンソース」の2種類があります。ホームページのコンテンツやサービスに合わせて機能やバージョンを使い分けていきます。更新のしやすさや管理形態などそれぞれに特長があり違いがあります。株式会社フォービットでは更新コストを抑えて強いホームページになるための運用と方向性を検討し、お客様に合ったCMSの導入をご提案します。

商用CMS

movable type5
Movable Type5
Movable Type5 は、5万サイト以上の導入実績を誇る国内有数のCMSプラットフォームです。安全で効率的なウェブサイト運用を可能にするCMSプラットフォームです。豊富なラインナップで、小規模からエンタープライズまで幅広いサイトの構築を低コストで対応可能。クラウド版なら、より速く、安全な環境で、安心してウェブサイトを運用できます。さらに Data API が、柔軟なサイト構築、他のプラットフォームとの連携はもちろん、ウェブにとどまらないコンテンツ管理を実現します。
movable type ADVANCED
Movable Type Advanced
Movable Type Advanced は、5万サイト以上の導入実績を誇る国内有数のCMSプラットフォーム「Movable Type 」をベースに Oracle データベースや Microsoft SQL Server などの商用データベースへの対応、グループによる ユーザー管理、LDAP ディレクトリとの連携機能を追加し、社内システムと連携した大規模運用環境にも適したMovable Type の上位版です。
Web Release2
WebRelease 2 Enterprise Edition
WebReleaseは、株式会社フレームワークスソフトウェアが開発した国産の企業向け商用CMSです。2000年7月の出荷開始以来、大手メーカーや金融機関、官公庁や大学など、570社を超えるお客様にご採用頂いています。そして今日に至るまで、数多くのお客様の様々なニーズを取り込みながら日々進化を続けてきました。WebReleaseは、スケジュール配信、リビジョン管理、承認ワークフロー、操作履歴、権限管理、マルチデバイス対応など、企業ウェブサイトの構築・運用に求められる機能をしっかりと搭載したパッケージタイプのCMSです。パッケージソフトなので、箱から出してインストールするだけで高機能なCMS環境をすぐ手に入れることができます。パッケージタイプのWebReleaseを採用すれば、難易度が高く、予算超過やスケジュール遅延、仕様の過不足、度重なる追加開発、といったリスクを伴うシステム開発は必要ありません。インストール後すぐにウェブサイトの構築に着手することができます。

オープンソースCMS

WordPress
WordPress 3.2日本語版
WordPress(ワードプレス)は、現在もっとも日本でポピュラーなオープンソースのCMSのひとつです。元はブログ用として開発されましたが、現在は特に中規模サイトのCMSとしても広く利用されています。オープンソースのためライセンス費などはかかりません。またプラグインの多さ、WISYWIG編集が可能な管理画面、デザインテンプレートの豊富さ/入手しやすさはもとより、開発者が非常に多いことも魅力のひとつです。
MODX
MODX
MODX(モッドエックス)は軽量動作、自由度の高いデザインワークが魅力的なコンテンツマネージメントシステムです。習得がしやすい管理ツールでGPLライセンスに則って配布されているので、個人、法人問わず誰でも無料で入手することができ、利用も自由になっています。またユーザー登録手続きなども不要です。MODX(モッドエックス)には2つのタイプがあり、Evolition、Revolutionがあります。どちらも並行して開発が進められているCMSになっています。
XOOPS Cube
XOOPS X
XOOPS X(ズープステン)は、Xoops Cube Legacyによく使われるモジュールやテーマをセットにしたパッケージです。ニュース・マップ・フォーラム・ブログ・wikiといった主要なモジュールが同封されており、またX-update(導入・アップデート管理)モジュールにより、ブラウザ上で様々なモジュールの配置とインストールが可能です。※利用したいモジュールを一から選びたい場合は、コアのみのパッケージである「Xoops Cube Legacy2.2」がおすすめです。またデフォルトのテンプレートにはレスポンシブデザインが採用されており、スマートフォンやタブレット端末での最適化表示が可能です。
  “4bit”  

おすすめ記事

2018年 とうとうF1に導入されるかも…保護デバイス「ハロ」

コックピットのドライバーを保護するための施策がまたひとつ登場するかもしれません。ドライバーの前面…

あの大人気だった「aibo(アイボ)」が12年振りに帰ってきました!

2018年1月11日に、SONYから「aibo(アイボ)」が帰ってきました。日付から「わん!わん…

仮想通貨を発掘するマイニングとマルウェアが流行中!?

以前、「フォービットこらむ」でも取り上げた人気の「Bitcoin(ビットコイン、BTC)」に危機が迫…

緊急!あの人気のバルミューダからオーブンレンジが本日より予約開始です!

シンプルで洗練されたデザインが人気の「BALMUDA(バルミューダ)」からキッチンシリーズ第4弾とし…

eスポーツがオリンピック競技になったら…メダル獲得か!

By DreamHack日本ではまだまだサブカルチャーの扱いが強い「eスポーツ」いわゆる…

海外でも人気急騰!「ほぼ日手帳」のチカラ

2002年版から16年連続で右肩上がりに推移している「ほぼ日手帳」が好調のようです。販売数は2017…

仮想通貨ビットコインの動きが気になる

仮想通貨ビットコインが話題になってから久しいですが、いまさらですが軽く仕組みなどを知っておこうかと思…

手首にいつもトイ・ストーリー。watchOS&tvOSまとめ #WWDC17

本日のWWDCでは、最新のApple Watch用OS、watchOS 4が発表されました。そのwa…

おすすめ記事

  1. 「Apple新宿」OPEN!
  2. 2018年 とうとうF1に導入されるかも…保護デバイス「ハロ」
  3. あの大人気だった「aibo(アイボ)」が12年振りに帰ってきました!

便利生活「スマートAIスピーカー」ランキング

  1. 【Amazon】Echo
  2. 【Google】Google Home
  3. 【Apple】 HomePod
  4. 【LINE】Clova WAVE
  5. 【Microsoft】Invoke

All About(オールアバウト)

極真空手ラインスタンプ
PAGE TOP