ピックアップ記事

海外でも人気急騰!「ほぼ日手帳」のチカラ

2002年版から16年連続で右肩上がりに推移している「ほぼ日手帳」が好調のようです。販売数は2017年版は66万部を売り上げています。近年は全体の約14%が海外からの注文が占めているという。なぜ海外で受け入れられたのか。

手帳本体とカバーデザインの豊富なバリエーションが特徴。手帳本体は英語版を含む4タイプがあり、2018年版のウィークリータイプではメモページを3倍に増やした。
海外でも馴染みのあるデザインを採用しているからなのでしょう。ドイツのぬいぐるみメーカーやファッションブランドとのコラボレーション、ザ・ビートルズの名曲を表現したデザインなど個性豊かなデザインがその理由。手帳本体は佐藤卓氏がデザインディレクションを手掛けており、ただ予定を書き込むだけではなく日記やイラスト、または思いついたアイデアを書きためるなど使い手によってとても自由な使い方ができるのもほぼ日手帳の人気の秘密だと思います。

“ほぼ日手帳”

英語版は2014年から本格的に発売を開始し、欧米を中心に利用者が増加。2017年版は世界86カ国で愛用されています。180度開く製本や、薄くて軽く書き心地の良い本体の質の良さが好評を得ているという。近年は中国や台湾でファンが急増しており、SNSで紹介されたのが人気につながったのではと担当者は分析されてます。

“ほぼ日手帳”

書いていて楽しい雰囲気はソーシャルや口コミで広まっていて、ほぼ日手帳のオフ会などコミュニティーとして確立していくのも当然なことでしょうね。

“ほぼ日手帳”

参照:ほぼ日手帳 2017
参照:Yahoo!ニュース

関連記事

  1. キヤノン「EOS 5D Mark IV」の「Canon Log」…
  2. 通勤にロードバイクにするかクロスバイクにするか…
  3. 仮想通貨を発掘するマイニングとマルウェアが流行中!?
  4. 秒速で充電ができる!?不思議な素材の超速バッテリーが話題!
  5. 予約必須?人気沸騰中の職人が創るランドセル争奪戦!
  6. 新宿にまた新しい世界が誕生してます!
  7. ハッピーハロウィン!
  8. Googleが「Pixel」という挑戦状を持って登場!

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨を発掘するマイニングとマルウェアが流行中!?
  2. eスポーツがオリンピック競技になったら…メダル獲得か!
  3. 海外でも人気急騰!「ほぼ日手帳」のチカラ
  4. 仮想通貨ビットコインの動きが気になる
  5. 手首にいつもトイ・ストーリー。watchOS&tvOSまとめ #WWDC17

アップデート情報

緊急!あの人気のバルミューダからオーブンレンジが本日より予約開始です!

シンプルで洗練されたデザインが人気の「BALMUDA(バルミューダ)」からキッチンシリーズ第4弾とし…

次期モバイルOS Android 8.0日本時間8月22日未明に正式発表。ライブ配信も実施!

Googleがなんとも心憎い演出で新OSの発表をライブ配信で行うみたいです。同社サイト上で、次期…

「拡張機能」メンテナンスのご案件について

メンテナンスの対象になっているオーナー様、管理者、運営者さまフォービットにてメンテナンス対象のデ…

スマートフォンOEMアプリ「BiBi」4.3aを更新しました。

スマートフォン向けアプリ「BiBi」4.3aを更新しました。該当アプリをご利用の方はアップデート…

アプリ「店舗型通知サービスβ版」のアップデートについて

店舗型アプリのアップデートを行いました。エリアマップの改修とアイコン画像を更新しました。…

気になる情報

極真空手ラインスタンプ
PAGE TOP